いつもの休日を利用して日帰りスキーツアー

posted in: 未分類

いつもの休日を利用して日帰りスキーツアー

冬は、スキーやスノボーが趣味の方にとって嬉しい季節ですね。
中には、日帰りスキーツアーを利用して、束の間の休日をスキーやスノボーをして楽しむ方もいらっしゃると思います。
先日、我が家もスキーに出かけました。
我が家には、4歳の息子がいるのと、長年お世話になっている宿があることから、2泊3日のスキー旅行を楽しみました。
行き帰りは車での移動。
私が運転できないため、サービスエリアで休憩を取りつつ、主人がずっと運転してくれました。
我が家がある東京からスキー場のある長野県まで、所要時間はおよそ6時間かかりました。
これでもスムーズな方だったんです。
運転する人は、これだけでも疲れますよね。
ちなみに、東京を朝6時頃出発し、現地の宿に着いたのは12時。
それからランチをして、ほぼ休むことなくスキー場に向かいました。
自家用車で行くメリットは、自分たちの疲れ具合やタイミングで行動することができる点です。
但し、運転する人はほぼ休めません。
その点、日帰りスキーツアーを利用すれば、行きのバスの中で休憩できるため、元気な状態でスキーをスタートできます。

日帰りスキーツアーの魅力

日帰りスキーツアーの魅力は、何といっても行き帰りの気楽さにあるのではないでしょうか。
その多くはバスでの移動になるかと思いますが、一度バスに荷物を積み込んでしまえば、現地まで運んでくれるため、体力的にも楽ですね。
バス乗り場が家から遠い場合は、自宅からそこまで行くのが少々大変ですが、長い道のりを考えればほんの少しの辛抱ですね。
また、我が家のように自家用車で行く場合、日帰りで行くのはほぼ不可能です。
なぜなら、ほぼ一日が運転で終わってしまうからです。
つまり、宿泊しなければならず、その分、費用もかかります。
また、休日も余計に取らなければなりません。
日帰りスキーツアーの中には、夜発のもツアーもあるため、体力のある学生や社会人は、学校や会社が終わった後、バスに乗り込み、次の日は朝から目一杯スキーを楽しむことができます。
また、朝はまだみんなが滑っていないきれいな雪の状態なため、気持ちの良い滑りを楽しむことができるようです。
日帰りスキーツアーには、こうした様々な魅力があるようです。

いくらあれば、日帰りスキーツアーに参加できる?

どんなスキー旅行のプランを立てるのが良いかは、その人の年齢、職業、ライフステージや体力、誰と一緒に行くか、などによっても変わってくると思います。
中には、日帰りスキーツアーが不向きな人もいるでしょう。
無理をすると、旅行の段階で疲れてしまい、折角のスキーを楽しむことができない、なんてことになりかねませんので、余裕をもったスケジュールを立てることが大切ですね。
我が家の場合は、子供が小さいため、夜出発は不可能です。
ただ、関東近郊のスキー場であれば、朝出発であっても、現地に6時間ほどいられるようなので、十分楽しむことができるかもしれません。
体のリフレッシュに日帰りスキーツアーへ行く
ちなみに、お値段は4000円位からあるようなので、お財布にもやさしいです。
夜出発になると、1万円前後位からになりますが、それでも一泊二日のツアーと比べれば、相当お得かもしれません。
となると、考慮すべきは、やはり体力的に大丈夫かどうか、ということになるでしょう。
我が家の場合は、正直厳しい気もしますが、息子がもう少し大きくなった暁には、日帰りスキーツアーを体験してみてもいいかな、と思います。

This entry was posted on 2017年1月18日 at 11:21 PM and is filed under 未分類. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.