蓄電池設備って何に必要なのか?

posted in: 未分類

蓄電池設備って何に必要なのか?

蓄電池と聞いてもピンとこない。
いったいこの蓄電池設備は何のために必要なのだろう?と疑問に思い、調べてみることにした。
蓄電池設備は「防災用蓄電池」とも呼ばれている。
この呼び名の方が何となくわかる気がするのは私だけだろうか?どうやら、非常用照明の電源用だったり、受変電設備の制御電源に使われるらしい。
停電した時のためにあるのだということがわかった。
では、蓄電池と呼ばれているのだから、電流が蓄えられているということになる。
どのような方法で充電されるのだろうか?調べてみると、充電方法は3つあることがわかった。
まず1つ目は、浮動充電。
常に放電と充電が繰り返されている方法のこと。
次に2つ目は、均等充電。
放電と充電を繰り返すことで起きる蓄電池の容量のばらつきなどを補う方法のこと。
3つ目は、トリクル充電。
常に微量の電流を流し続け、それを使う方法のことである。
今まで蓄電池について知らなかったが、生活していく中で蓄電池設備が大切だということがわかった。

家庭でも設置できる蓄電池設備がある

停電しても蓄電池設備があるから安心だ。
しかし、それは工場や会社などでの話。
家庭ではそんな設備は取り付けられないと思っていた。
しかし、調べてみると、実は家庭用の蓄電池設備もあるということがわかった。
そもそも蓄電池は熱に弱い。
だから、設置する場合は十分に間隔をあけ、室内であれば熱のこもらない場所じゃないといけないらしい。
では、家庭用の蓄電池にはどんなものがあるのだろうか?わかりやすいのは、太陽光発電である。
最初は、太陽光発電とガスのエネルギーを併せ、大型の家庭用蓄電池として使われていた。
そして、その余った電力は、電力会社に売っていた。
蓄電池設備を整えたい
しかし、現在では電力は売らず、太陽が出ている間は太陽光を使い、夜は蓄電された電力を使う連携型の大型蓄電池の傾向になっているという。
企業のみならず、家庭でも蓄電池設備を取り付けることできるということを知った。
将来、防災に備えて蓄電池設備を取り付けてみたい。
そのためにも、もっといろいろ調べてみようと思う。

This entry was posted on 2017年1月16日 at 7:34 PM and is filed under 未分類. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.