幼虫からオオクワガタを育てよう

posted in: 未分類

幼虫からオオクワガタを育てよう

昆虫が好きな人の中でも、オオクワガタは特に人気があります。
ペットにして飼育していきたいと思っている人も多いでしょう。
その場合は幼虫から育てた方が、愛着が湧くのでおすすめです。
幼虫を飼育するのは難しいですが、注意点を知っていれば問題無く飼育を続けることができると思います。
非常にデリケートで寒さに弱いことが特徴に挙げられるので、温度管理に1番気を付けなければいけないと言われています。
飼育に関係する情報がまとめられた書籍を読むと、どのくらいの温度が最もふさわしいのか記載してあります。
必ず飼育を開始する前に、適切な温度を知っておきましょう。
そしていつでもその温度を保つことができるシステムを準備してください。
もし温度が変化しそうな場所に置いておく場合は、ライトなどを当てると温かい状態をキープできます。
それが幼虫を無事に成虫まで育てていくことに必要なので、成功できればとても立派なオオクワガタになるでしょう。

オオクワガタの幼虫を入手する

オオクワガタの幼虫が欲しいと思っても、近所の森に行って捕まえることは困難だと思います。
簡単かつ確実に入手するためには、専門的に扱っているお店から購入するのが良い方法でしょう。
それならきちんとした人が管理しているので、飼育も野生の個体に比べて簡単だと思います。
野生の個体は些細なことが原因で弱ってしまうので、初めてオオクワガタを飼育する人には向かないと言われています。
丈夫な個体が欲しい場合は、購入することをおすすめします。
近くに専門店があった場合は、訪れて飼育に関することをスタッフに聞いても良いでしょう。
自分の質問にすぐ答えてくれるスタッフは知識が豊富なので、困った時に助けてくれるはずです。
飼育を続けていくと、トラブルが発生することが考えられます。
幼虫からオオクワガタを育てる
その時に焦っていると幼虫は弱くなって最悪の場合は死んでしまいます。
そうなる前にオオクワガタに詳しい人からアドバイスをもらって実行すれば、トラブルを解決できます。

This entry was posted on 2016年11月21日 at 8:59 PM and is filed under 未分類. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.