年間行事について念仏宗ではこう書いてあった

posted in: 未分類

年間行事について念仏宗ではこう書いてあった

念仏宗の年間行事を開いた。
六大祭事について書かれてあり、元旦〜1月15日の初詣、2月15日の大涅槃会、3月22日の観音祭、4月8日の降誕祭、8月24日の地蔵盆、12月8日の成道会のことをいうそうだ。
また、林間学校が8月中旬に開催しているらしい。
林間学校を初めて開催したのは1985年8月だそうだ。
参加者もどんどん増えていき、毎年5000名ほどの人々が参加しているそうだ。
そして日曜学校も月に一回開催しているらしく、田植えや稲刈りの実習、陶芸教室や、パネルで十悪を学ばせたり、仏教双六をしたり、五つの心を学んだり、映像をスクリーンに映しだしてお経を学んだり、手作りの紙芝居を見て聞いたりしているそうだ。
さらに念仏宗の総本山や別院で、日常の周辺清掃や、溝浚え、道路清掃、落ち葉拾い、冬の雪かきなどを行うことで仏道精神をさせて頂き、これらを通して近隣の方々とふれあっているそうだ。
近隣の人たちとのふれあいの詳細では獅子舞の写真や、神輿の写真が掲載されてあった。

This entry was posted on 2016年10月14日 at 10:06 PM and is filed under 未分類. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.