日本ロール製造が誇る技術で日本最大のゴム加工機械メーカーへ

posted in: 未分類

日本ロール製造が誇る技術で日本最大のゴム加工機械メーカーへ

機械の製造・販売によって技術提供を続けてきた日本ロール製造。
明治から今にまで続く加工機械開発により、日本の発展において重要な工業化に大きく貢献してきました。
進む技術研鑽と扱う素材によって今では機械ロール事業部とパイプ事業部に分かれ、より専門的なニーズに応えられるように体制が整えられています。
その高度な技術によって生み出された機械の評価は国内外ともに高く、アジアや欧米への世界中へ輸出されており、ワールドワイドな工業化を進めてきました。
その結果、ゴムやプラスチック加工機械の専門メーカーとしては国内最大の規模となり、現在もトップをひた走っています。
「製品の製造法を分析し、それを機械化する」事業を長く続けてきた日本ロール製造は、機械および製品の製造技術に長けており、それこそが企業の競争力の高さにつながっているのです。
確かな技術と実績が絶対の自信となって生み出される製品は、今後も多くの製造業を支える礎となることでしょう。

This entry was posted on 2016年7月13日 at 9:59 PM and is filed under 未分類. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.