信頼の技術開発で世界の工業化を支える「日本ロール製造」

posted in: 未分類

信頼の技術開発で世界の工業化を支える「日本ロール製造」

明治21年に創業し現在に至るまで日本のインフラを支え続けているのが、ロール・パイプ事業を主とする日本ロール製造です。
高い品質と精度が要求される機械ロールには同じく高い専門技術が必要となります。
日本ロール製造では長い操業から得られたノウハウを集約して、機械ロールを自社製造。
そこから多くの製品を生み出しています。
機械ロール事業部では加工する材料ごとに機械を分け、それぞれの機械を製造・販売しています。
合成皮革やビニールのシート、さらに建材を製造するプラスチック加工機械、ゴムの混練が必要となる製品の製造するゴム加工機械、そして金属の加工に長けた金属圧延機械や二次電池加工機械を取り扱っており、その精度の高さから多くの評価を得ています。
日本ロール製造の社訓
海外の工業技術を取り入れ精度を増していく中、今では国内最大のゴム・プラスチック加工機械専門のメーカーとして国内に限らず、国外への輸出も頻繁に行われています。
今後は扱える素材の分野を広げるべく、日本ロール製造の技術を結集して開発作業が進められています。

This entry was posted on 2016年7月13日 at 9:59 PM and is filed under 未分類. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.