製品の大小によって機械を変える日本ロール製造の作業

posted in: 未分類

製品の大小によって機械を変える日本ロール製造の作業

東京都江戸川区に本社を置く日本ロール製造株式会社は、創業が1888(明治21)年と、130年近い長い歴史を持つ会社です。
この会社の製造過程で使用される「ロール機械」は、金属で出来た円筒形の機械ですが、このロール機械の圧力で、製造物の原料であるゴム類や樹脂類をほぼ平べったく伸ばして、薄いシート状にした製品を作り出すのです。
ロール機械は大別すると2種類あります。
機械内部の構造に違いがあり、「ボアード式」と「ドリルド式」と呼ばれるものに区別され、現在は「ドリルド式」を使用する会社が一般的となっています。
また、製造する製品の大きさによっては、同時にロールの大きさも変えなければなりません。
日本ロール製造のクオリティを見る
その製品の全長と直径が合致するロールを状況によって使用する事になります。
しかも、製品の大きさは実に細かく、何本ものロールをただ並べればよいというものではなく、様々な形に並べて、それぞれのロールの間にゴム類や樹脂類を置いて、少しずつ慎重に伸ばしつつ製品としてゆきます。
しかし細かく手が込むその分、日本ロール製造のロール機械は世界的にも高い評価を得ています。

This entry was posted on 2016年7月11日 at 10:01 PM and is filed under 未分類. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.