熱や酸、塩分に強いパイプ制作と日本ロール製造の世界進出

posted in: 未分類

熱や酸、塩分に強いパイプ制作と日本ロール製造の世界進出

ここ日本ロール製造株式会社には、カレンダーロールというロール機械を操作して製品を造る「機械ロール事業部」の他に、「パイプ事業部」があります。
ここでは、私たちが毎日欠かさずお世話になっている上水道・下水道に絶対不可欠な「硬質塩化ビニル菅」や、一般的にテーロンパイプと呼ばれている「ポリエチレン管」さらにはそれぞれの付属品の製造・販売を業務としており、その他にも、やはり硬質塩化ビニルを使用した「電線管」や、田畑など農業で使用する「農業用直管」、さらには家屋内外で雨水を集めるタンクや、雨水貯留浸透システムなどの製品の作成・販売を手掛けています。
この中でも特にテーロンパイプは、耐熱性や耐水圧性に優れ、また酸やアルカリ、塩分、有機薬品、ガスに強いため、火山や海に近い地域でも普及している事でしょう。
今、日本ロール製造は、中国、東南アジア、ヨーロッパ、アメリカへも製品輸出の範囲を拡大し、同時にその製造技術も絶大の信頼を得ています。

This entry was posted on 2016年7月11日 at 10:01 PM and is filed under 未分類. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.