認知症の祖母が気に入ったアロマを見つけた

posted in: 未分類

認知症の祖母が気に入ったアロマを見つけた

香りの刺激で、祖母の認知症を少しでも改善させようとがんばっている孫の私は、祖母との散歩から帰ると足浴をして祖母の足をアロマオイルでマッサージをしてあげています。
安いオイルは人工香料と呼ばれる純正のオイルではないらしく、今回は高級な純正のオイルを使用してみることにしました。
使用したのはローズマリーと呼ばれる初心者にも取扱いオイルです。
このオイルは集中力を高める効果があるそうで、朝使うのにぴったりなオイルと店員さんが言っていました。
早速、ぬるま湯に数適垂らして祖母の足を入れてみると、祖母の表情が緩んでいくのがわかります。
いい香りだとうっとりしている顔を見て、自分で今までやってきたことで、初めて人の役に立っている気持ちがしました。
認知症が進んでいくと嗅覚が衰えていくと言われています。
今は、祖母に食事やアロママッサージなどのかおりで癒してあげることができても、嗅覚が衰えていずれ癒してあげられなく日が来るのも覚悟しないといけません。

This entry was posted on 2016年6月17日 at 7:24 PM and is filed under 未分類. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.