文書保管の管理体制とは

posted in: 未分類

文書保管の管理体制とは

文書保管は、文書1枚単位からの保管が可能です。
いくつかの管理形態をご説明します。
重要な書類や取引情報などの個人情報が含まれている申込書や、アンケートや契約書、レントゲンやカルテなどを、管理する文書保管。
保管に関しては柔軟な対応を行っていて、お客様の要望にお応えできるように、カスタマイズをして、サービスを行っています。
管理形態には文書保管箱、レントゲン保管箱、文書、ファイルがあります。
長期保存が可能で、専用の保存箱を使用するので、安心安全です。
また、精密文書保管エリア、指紋認証での入退室管理、情報管理センターなどの保管庫によって、文書の永久保存や使用頻度の低い物の保管、などによるセキュリティや管理コストの問題を、解決することができます。
1つ1つの精密性をアップさせることによって、原本を保管している安全な場所のままでの閲覧ができたり、毎回文書を輸送する必要もないので、高い安全性を得ることができます。

This entry was posted on 2016年5月28日 at 7:58 PM and is filed under 未分類. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.