友人に和歌山のゴルフ場のゴルフ会員権の購入をすすめられた

posted in: 未分類

友人に和歌山のゴルフ場のゴルフ会員権の購入をすすめられた

ゴルフ会員権を買わないか?そんな話を友人から持ち掛けられたのはつい最近のことだ。
実際に和歌山県の某ゴルフ場でのラウンド中のことだった。
急な話に私は少し戸惑ってしまった。
なぜなら、三十数年前に一度、ゴルフ会員権を購入して損失を出してしまった経験があるからだ。
当時の私は大学時代にゴルフ部に所属していたこともあって、よく上司に付き合ってゴルフ場へと行っていた。
まあ、取引先の重役を相手に接待めいたプレーをさせられていたわけだ。
それとは別に、ゴルフは私の唯一の趣味でもあったし、できることなら一人でゴルフ場に来て、そのままプレーをしたいと思ったこともあった。
以前私がゴルフ会員権を買うことになったときも、和歌山の別のゴルフ場のもので、これだけ来るなら自分の会員権を買わないか、と上司の知人に言われたのだった。
当時は、会員権は値上がりする一方で、信用もかなり高かった。
加えて、上司の勧めもあって私はゴルフ会員権を購入したのだった。

以前私が和歌山に住んでいた時にゴルフ会員権を買った経験談

当時はまだゴルフ会員権は値上がりを続けていた。
私が上司の知人から購入することになった和歌山県のそれもそれなりの値段がしたものだ。
それでも当時は多くの者が値崩れなどありえないと考えていた。
それだけではなく、もちろんゴルフ会員権には幾つかの特典がある。
たとえば会員はゴルフ場を安く利用できる。
また、ゴルフ場が主催する大会に参加できるし、一番ありがたがれるものが、予約をせずに一人でゴルフ場を訪れてもプレーが可能になるということだった。
当時、和歌山県に暮らしていた私にとっても、利用頻度の高いゴルフ好きのためのそれら特典はとても魅力的なものだったが、多くのゴルフ会員権購入者の中には、ひとつの財テクやステータスとしてそれを求める人も多かったように思う。
若いころの私もどちらかというと後者寄りで、さらに言えば、週末の接待ゴルフの機会が多く、私が個人でゴルフ場を訪れる時間はなかなか取れなかったのだ。
そして、そうこうしてるうちに、ゴルフ会員権は値崩れを起こす。

現在和歌山県に立ち寄ることも多い私はゴルフ会員権を買う

あのときは結局、その和歌山県のゴルフ場の会員権を手放してしまった。
正直、当時の私が持っていても有効に特典を利用できたかわからなかったし、年会費も若い私には少々無駄な出費に思えたのだ。
だが、今はあのころとは状況も違う。
私にはそれなりの余裕が出来ているし、ゴルフ会員権の値段自体もあのころほど高額なものではない。
多少の名義変更料を払ったとしても、十分に元が取れるようにも思う。
都心近辺のゴルフ場やいくつかの名門クラブのようなところのゴルフ会員権は未だに高額で取引されていると耳にするが、今回、友人の話にあった和歌山のゴルフ場の会員権はかなりリーズナブルだ。
現在、和歌山に暮らしているわけではない私だが、仕事の関係で頻繁に訪れる機会がある。
金銭的にも時間的にもかなり余力があることも確かだ。
ゴルフ会員権を和歌山に決める
今のように週に一回ほど行けば年間でも十分以上に元が取れる計算になるのだ。
購入機会もそれほど多くないかもしれない。
ということで、私は久しぶりにゴルフ会員権を買うことを決めた。

This entry was posted on 2016年5月18日 at 5:20 PM and is filed under 未分類. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.