地デジアンテナ工事を検討中の方へ

posted in: 未分類

地デジアンテナ工事を検討中の方へ

アナログ放送が2011年7月24日で終了して、テレビ放送は地デジ(地上デジタル放送)へ完全移行されました。
地デジアンテナ工事をするよう様々なメディアで呼びかけられていました。
アンテナというと、魚の骨のような見た目のデザイン(八木アンテナ)を思い浮かべますよね?その「アンテナ」が、最近ではスッキリとしたデザインのものが出てきているそうで、それがまた大人気なのだそう。
縦に長方形で薄型、カラーも白・ベージュ・ダークブラウンなどといった、家の壁紙にマッチするようなデザインになっています。
従来の八木アンテナと比べると多少高額ではありますが、デザインアンテナは小型でオシャレな見た目でご自宅と良くマッチするということが最大の売りです。
一見「ちゃんと電波の受信できるの?」と疑問を持ちますが、問題なく受信することができます。
地域によっては非対応という場合もあるので、地デジアンテナ工事の前に、電波状況のチェックをすることをオススメします。

デザインも変えられる地デジアンテナ工事

デザインアンテナは、地デジアンテナ工事でどんな家でも設置することができるのでしょうか?調べてみると、電波状況によって八木アンテナのみしか設置することができないという場合もあるそうです。
デザインアンテナのいいところは八木アンテナに比べて雨や風といった天災の影響を受けにくいことです。
なぜかというと、家の壁面に設置することが多いためです。
八木アンテナのいいところは受信感度が優れているところといえるでしょう。
地デジアンテナ工事の料金は各社さまざまです。
最近テレビの映りが悪いかな?と感じている人や、アナログ放送が終了してからテレビを見なくなってしまった、という人は一度地デジアンテナ工事を検討されてみてはいかがでしょう。
八木アンテナは料金も安くオススメです。
古くなったアンテナの回収もしてくれたりするので安心です。
保証期間を設けている会社がほとんどなので、万が一トラブルがあった場合でも対処してもらうことが可能です。

安心できる地デジアンテナ工事を選ぼう

地デジアンテナ工事の申し込みは、電話やインターネットから行うことができます。
問い合わせをしてすぐ見積もりを出してもらえます。
それから日程の調整をし、現地で電波調査をしてもらったあと施工といった流れになっています。
保証期間中のアフターフォローでは、工事後のトラブルや不備があった場合対処してもらえます。
地デジアンテナ工事をするにあたって、注意しなければいけないことがあります。
それは業者選びです。
沢山ある中から、よりよい業者を選ぶポイントを二つご紹介します。
一つは連絡先。
携帯番号のみのところは個人経営である場合が多く、何かトラブルがあった時に連絡が取れなくなる場合があります。
会社概要などもチェックされることをオススメします。

もう一つは現地調査。
工事を行う業者は、レベルチェッカーと呼ばれる測定機で電波の強さを測る機器を持っていることが当たり前です。
ですが、中には測定器を持っていない業者もいます。
悪質な業者を選ばないように気をつけましょう!

This entry was posted on 2016年3月15日 at 10:24 PM and is filed under 未分類. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.