gps発信器は、どのような時に活躍する?

posted in: 未分類

gps発信器は、どのような時に活躍する?

gps発信器というと、私たちが思いつく範囲ではサスペンスドラマに登場しそうです。
そして、子供が迷子になったとき、高齢者が行方不明になったときに役に立ちそうです。
そして役に立つと言えば、何と言ってもカーナビの中に内蔵されています。
昔のカーナビはデータを更新をするという手作業が必要でしたが、今では、gpsが内蔵されていることで、自動的に即座にデータが更新されます。
逆に言えば、gps発信器を車につけておくことで、車が盗難に遭った際に、追跡することができます。
それは、車に限らず自転車、社用車、浮気の確認等を行うことができます。
今は、子供や高齢者に持たせることで、何か事故に巻き込まれたときや防犯上、とても役に立ちます。
また大きなイベントから地域のイベントでも利用することができます。
例えば、イベントのメイン着ぐるみがどこにいるかなどです。
発信器というと、防犯や犯罪の追跡だけではなく幅広い利用を考えることができます。

どのようなものに発信器を付け、どのようにgpsを利用するの?

今、どのようなものに発信器を付け、gpsが利用されているのでしょう。
今ではスマートフォンだけではなく、gps発信器内蔵の時計が発売されています。
やはり、浮気調査や場所の特定を行うのであればライターサイズの発信器を車体の裏に付けて、スマートフォンやパソコンから追跡を行います。
種類には、完全追跡型と位置検索型などがあります。
前者は、ルートを追跡するので、浮気調査や営業車のルートを確認することは、もちろんイベントのルート確認に利用するのに最適なようです。
そして、後者はルートを追跡することには向いていませんが、自転車が盗難された場合に、その位置を確認するのに向いています。
gps発信器を借りる
gpsは無線標識ビーコンと比べると発信受信域が広く、子供が犯罪に巻き込まれ行方不明になったときや高齢者が徘徊してしまったときに、追跡するのに向いています。
ただ、ビーコンは、どちらかというと発信受信域が狭いですが、発信器が小型で持たせやすく、電池の寿命が長いというメリットがあります。

This entry was posted on 2016年3月9日 at 4:34 PM and is filed under 未分類. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.