キャリムエンジニアリングは、どのような会社なのか

posted in: 未分類

キャリムエンジニアリングは、どのような会社なのか

キャリムエンジニアリングは、江東区新木場にある会社です。
新木場といえば、貯木場や木材関連企業があり、最近では、スポーツ施設や大手IT会社なども、多く立地した地となりました。
鉄道も3会社が乗り入れており、キャリムエンジニアリングは、交通の便がとても良いところに、立地しています。
会社の歴史は、約35年経っています。
東京の本社の他、関東を中心に事業所と営業所がありますが、東京と九州に拠点を置き、韓国、台湾、中国に現地法人があります。
関連会社を2つ有しています。
運送に関して、自社船を有しており、また関東地域、九州地域での一般貨物自動車運送事業の許可を得ていることから効率的な運送を目指しています。
超精密装置の運送を、梱包から搬送・設置までの計画を提案し、高い運送技術をもって提供していく会社です。
独自のノウハウが輸送の振動等の管理を提供し、梱包や搬送・設置においても訓練をうけ、資格を取得した者が行っています。

どのような業務をキャリムエンジニアリングは、行っているのか

半導体・液晶輸送事業や一般運送事業から航空・宇宙関連輸送事業等を、キャリムエンジニアリングは行っています。
自社船を使用して、外航海輸送を行うため、定期便とは異なるメリットすなわち輸送計画をも計画し、輸送サービスを提供しています。
海外輸送においても、自社所有のトレーラや船を利用し、資格を取得した者が、輸送管理を行っています。
日本国内での輸送と同じ輸送管理を行い、現地法人においても、同様を教育訓練を法人エンジニアに行い、海外への輸送に取り組んでいます。
航空関連輸送に関しても、コンテナの開発をはじめ、トータルプランニングを行っています。
一般運送事業における実績については、人工衛星など超精密機械の運送から、医療機器の運送などの様々な運送を、キャリムエンジニアリングは、行っており、歴史は浅くとも、実績を積んでいます。
輸送に関する資格を取得するよう、エンジニアリングに社員教育を行っており、グローバル輸送に関する一企業として成長しています。

キャリムエンジニアリングの設備は、どのようなものがあるの

キャリムエンジニアリングの設備は、エアサストレーラーを多く保有しており、様々な種類の重機材を保有しています。
そして、多階層専用エレベーターを船内に有している自社保有船があり、輸送プランニングを行い、そのプランを実行できるように準備しています。
船内にエレベーターを設置することで、輸送時の振動を最小限に抑える工夫をしています。
また韓国・台湾・中国に現地法人もあることから、背高コンテナ、幅広コンテナだけではなく、様々な特殊コンテナを保有し、精密機械を輸送できるよう温湿度の調整ができるコンテナまでも、保有しています。
キャリムエンジニアリングでは、クリーンルームにおいては、第1から第4までの4室を用意しています。

キャリムエンジニアリングの海外輸送事業

クリーンルームは、精密機械の組み立て、調整等に欠かすことができず、社員にも、クリーンルームについての社員教育を行っているようです。
輸送において、キャリムエンジニアリングは、輸送リスクを抑えるため、考え得る限りの工夫をしているようです。

This entry was posted on 2016年2月2日 at 7:55 PM and is filed under 未分類. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.