間接的に業務を増やす努力をする

posted in: 未分類

芸能活動の中に、台本は欠かせないものですよね?よくテレビ番組を観ている時に台本についてのトークをしている場面を観たことがあります。

実は宮島恵里香氏自身が、台本に目を通すなどしているというデータが見つかりました。芸能界の社長というと大きな椅子に座って、時々応対するのみの印象を持たれる方も結構いるかと思われますが(自分もそうでした),がそうではなく、社長自らが営業活動などを行っているようです。自社の仕事を増やすために躍起になることはごく普通のことですし、他の芸能プロダクションとの競争などもあるかと思われますので、日ごろからタレントのマネージャーなど、間接的にテレビに関与している人とコミュニケーションをとるなどして、仕事の継続や獲得の機会を伺っているようですね。

台本に目を通して、番組で発言する内容について把握し、時にはタレントに助言していることもあるかもしれませんよ。宮島恵里香氏は椅子に座る受動的な姿勢ではなく、自分から動く能動的な社長のようですね。

This entry was posted on 2015年12月7日 at 10:23 AM and is filed under 未分類. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.