英語メールで失礼をしてしまう前に添削サービスを

posted in: 未分類

英語メールで失礼をしてしまう前に添削サービスを

最近の英語が当たり前、のような文化もどんどん広がって来ており、いまや公用語とする企業もあると言います。

そこまで行かないにしても近年のグローバル化を見ると英語が必要な場面は多く、今後もどんどん増加すると考えられます。

中でもビジネスメールなどで利用する場合、くだけたいい方になっていないか・失礼な言い回しがないか、はたまたやたらと古い言い回しになっていないか等についてはネイティブスピーカーに聞かないと分からない場合が多くあります。

そのため、ネイティブ講師による添削サービスを紹介致します。

英文メールだけではなく日記についても添削可能です。

英語には敬語が無いという噂を良く耳にしてきましたが、そんなことはありません。

日本語のように語尾が変化するというよりは言い回しそのものが変わって行くため、一朝一夕の勉強では対応が難しいといえるでしょう。

英語のビジネスメールで失礼をしてしまう前にぜひネイティブ講師を頼ってみて下さい。

英語メールの複雑な言い回しはネイティブ講師におまかせください

英語は話せるけれど書くことができないという方は以外と多くいらっしゃるようです。

日本人の語学力も昔と比べるとかなり上達していますが、対面でコミュニケーションできる会話と異なり、メールは一方的に情報を送るものなので、会話の時以上に気を使わなくてはいけません。

さらにビジネスでのメールとなると礼儀作法や言い回しなどもっとあれこれ気を使います。

ビジネスの連絡で失敗してしまうのが怖いというそんなお悩みにはネイティブ講師による添削サービスがおすすめです。

私達がビジネスメールを書く時にもちょっとした言葉の選び方や語尾、雰囲気などいろいろと考えます。

それと同じように、英語のメールでも同様の問題が発生します。

英語の事ならばやはりネイティブに頼るのが一番確実です。

近代的な書き方や格式張った内容などについて対応できます。

うっかり失礼な事を書いてしまったり、片言の英語で変な雰囲気になってしまうのを防ぐ為にも、ぜひネイティブの力を使ってみて下さい。

This entry was posted on 2015年11月20日 at 1:40 PM and is filed under 未分類. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.