激安のチラシ印刷を注文して納品されるまでの流れ

posted in: 未分類

激安のチラシ印刷を注文して納品されるまでの流れ

激安チラシ印刷の注文方法は、まず、元原稿をコピーした原稿を折らずに、郵便(ゆうパックや現金書留は不可)・宅配便・メールで送付します。

原稿は、白紙に黒字で印字されたものを用意します。

郵送の場合は、到着から作業に入り、納期までの日数を考えて送付してください。

送付の際は専用発注書も忘れずに原稿とともに送って下さい。

CD・MD・FDのデータ原稿は受け付けておりません。

また、メール送信の場合は、文字化けや文字以外(誤字脱字)の不具合が生じた場合はよく確かめて送信してください。

店頭受付は一切受付いません。

発注書と原稿到着後、無料で試し刷り(紙の仕様、紙の色、インクの色など)の送付を致します。

お客様に納得頂いた後、問題が無ければ電話にて発注依頼をして頂いきます。

その中で、印刷仕様・納品日(時間指定は不可)・支払方法(代金引換・銀行振り込みによる前払い)を確認し注文の流れとなります。

発送と納品は、宅急便で送付いたします。

通常の激安チラシ印刷の注文方法よりも無駄を省いた方法になっているので、注文は難しくありません。

激安チラシ印刷の試し刷りサービス

激安チラシ印刷のわけは、他社では行っていないサービスがあります。

それは、「試し刷り(完全無料・2回)」です。

お客様が作成したチラシ原稿を元に完全無料で200枚印刷をします。

この200枚分のチラシをポスティングするのは自由です。

つまりは、見本版(試し刷り)ということです。

ポスティングして、なんらかの反応があった場合は、本番印刷を発注することになるでしょう。

しかしながら、1回目の試し刷りで反応が難しかった場合は、再度、校正し直して、試し刷りを試みて、ポスティングします。

その後、チラシ印刷の本番印刷に入ります。

試し刷りをすることで、チラシの効果がどれほどのものになるかは未知です。

ですから、試し刷りをお薦めし、模擬のポスティングの反応を確認して、本番印刷し、ポスティングされると良いでしょう。

激安チラシ印刷を請け負ってくれる上に、ポスティングの反応まで確かめられる試し刷りをしてくれるサービスは珍しいです。

一度、注文してみる価値はあります。

チラシ印刷を激安で請け負える理由

最近は、印刷センターcomにて、簡単に印刷料金を比較するサイトがありますが、試し刷り印刷をサービスしてくれる激安チラシ印刷の場合、他にないサービスにも関わらず、なぜ、激安でチラシ印刷を請け負えるのでしょうか。

ポスティングして、確実にチラシで案内する原稿内容であれば、インパクトの強いものを選ぶでしょう。

ここでは、片面印刷と両面印刷ができ、1つの面に2色以上の印刷はできません。

カラー印刷もできません。

印刷用紙は、上質のコピー用紙を使用していますので、薄紙や厚紙・中質紙などの印刷はできません。

B5・A4・B4・A3サイズの印刷が専門です。

お客様から送付された用紙も受け付けておりません。

また、チラシ印刷が専門ですので、ハガキ・名刺・パンフレット・チケットなどの印刷は受け付けておりませんが、上質のコピー用紙で上記のサイズ内であれば、拡大も縮小の印刷は可能です。

仕上がり後のインクに付いては、印刷機にもよりますので、多少、お客様の意向に添えないこともあります。

ぜひ、インクの状態も試し刷り印刷において、ご確認ください。

また、刷り上がったチラシの折りや断裁などの加工も受けておりません。

チラシ印刷が激安で依頼出来る

お預かりした原稿を忠実に印刷致します。

はっきりしたコンセプトがあるので、激安チラシ印刷が請け負えるのです。

This entry was posted on 2015年8月24日 at 12:39 PM and is filed under 未分類. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.