デートクラブなどの夜のお店に対する思い

posted in: 未分類

デートクラブなどの夜のお店に対する思い

風俗、デリヘル、パブ、キャバクラ、ガールズバー、デートクラブ……女性が魅力を武器にして働き、男性が欲望のままに利用する、そのようなお店はなぜこれほど多いのでしょうか。

規制や契約の細かな内容によってお店のジャンルが異なり、さらにその中でもコアな顧客をターゲットとするための分類分けがされているそうです。

そのような場所で働いたことのある女性はそれぞれのお店の違い、サービスの内容などわかるかもしれませんが、全く知らずに過ごす女性の方が多いのではないでしょうか。

デートクラブとデリヘルは何が違うのか?

そもそもガールズバーとは何なのか?

疑問に思う人も多いと思います。

このようなお店は男女の欲望や私利私欲が表立つ部分があり、個人的にはこの世の中に蔓延ることに少々複雑な思いを持っています。

その仕事を必要としている人がいて、利用する人がいる。

互いの需要が合致しているから問題ないのかもしれませんし、良い悪いではないのですが、このようなお店は裏で人の深い悲しみ、葛藤や我慢、不満や孤独…人間の闇が多く隠れている気がして個人的に複雑な思いが拭えません。

デートクラブのひみつ

デートクラブは聞いたことがありますか。

男女の恋愛を仲介する会員制のクラブだそうで、高級なものだと男性は職業が医師やパイロットなどの高収入の方が多くいたり、女性もミスコン、キャビンアテンダントなど人気のある職業の方が多く在籍しているそうです。

希望の条件や会いたい日時を指定し、クラブを通じて出会うことができるそうで、結婚相談所や結婚仲介サービスと似ていますが、最も異なる点は、「自由な恋愛を楽しむ」ところだそうです。

漠然としておりわかりにくいですが、自由という言葉からそれは結婚している、していないに関わらず恋人や愛人を探すことができますし、当人同士の合意の上、肉体関係を持つことも可能だということです。

デートクラブで至福のひと時を

会社の経営者やお金持ちの男性はいつもモデルのような美女を連れて歩いているイメージがありますが、どこで出会うのかというとこのような会員制のデートクラブなのかもしれません。

デートクラブを利用すればインターネット一つで自分の好みの女性を探すことができるのですから毎回異なる美女を連れて歩く男性がいるのも納得です。

This entry was posted on 2015年8月24日 at 1:36 PM and is filed under 未分類. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.